So-net無料ブログ作成
医療関係の仕事内容

Joke Music Artists

前の10件 | -

イグデスマン & ジュー(Igudesman & Joo) - リモコンどこいった? [イグデスマン & ジュー(Igudesman &]



スゴイですね~

ギドン・クレーメル(Gidon Markusovich Kremer)ですよ(´・ω・`)

クレメラータ・バルティカ(Kremerata Baltica)ですよ(´・ω・`)


世界的「超」大物が
おなじみイグデスマン & ジュー(Igudesman & Joo)
遊んでいます

ホントにリモコンで曲を飛ばしたような
見事な切り替わりようです

早送り>> と <<巻き戻し もお見事!(´・ω・`)ブラボー


nice!(2) 

杉ちゃん & 鉄平 - 純和風ハンガリー舞曲第5番 [杉ちゃん & 鉄平]



日本古来の音階のひとつ
陰旋法(C Db F G Bb)による
J.ブラームスの「ハンガリー舞曲第5番」

途中に挿入される
宮城道雄「春の海」が
お見事(・∀・)b グッショブ
です

日本音階は中国音階と基本的に同じなので
こういうのを欧米人がやると
どうしても中華風になっちゃうんですよね

相変わらず
ハイレベルな「お遊び」です


nice!(0) 

ヴィクター・ボーグ(Victor Borge) - 対決チャールダーシュ その1 vs ミカラ・ペトリ(Michala Petri) [ヴィクター・ボーグ(Victor Borge)]



ワタクシが
ヴィクター・ボーグ(Victor Borge) さんに
ハマるきっかけとなった動画です(・∀・)b

1989年、デンマークのコペンハーゲンで行われた
ボーグさんの80歳を祝う演奏会での1コマ

同じくコペンハーゲン出身のリコーダー奏者
ミカラ・ペトリ(Michala Petri)さんと
V.モンティの「チャールダーシュ」を演奏するのですが

ボーグさん
あの手この手でペトリさんを笑わそうとしています

多分仕込みでしょうが
微妙に可笑しい導入部や大仰な主旋律の伴奏など
絶妙な"ニヤニヤさ"加減はさすが

ペトリさんもよく耐えますが
フラッターのところで「うがい」をされて
吹き出してしまいます

それにしてもボーグさん
80歳とは思えない「はしゃぎっぷり」です

ペトリさん美人ですからねー

ボーグさんも嬉しいんでしょうね(´・ω・`)カワユイ


nice!(0) 

上海太郎舞踏公司 - 交響曲第ごはん 「うんめえ」より第1楽章 朝ごはん [上海太郎舞踏公司]



久しぶりに
おもっきりワロタ(((≧∀≦)ノ☆(ノ_ _)ノ

なんと馬鹿馬鹿しくも
素晴らしいハーモニーであることか

こやつタダモノではないな
と思って調べてみたところ
京都大学の劇団「そとばこまち」出身の作家・俳優・演出家

確かに
タダモノではありませんですた(´・ω・`)


nice!(0) 

イグデスマン & ジュー(Igudesman & Joo) - ラフマニノフの手は大きかった   [イグデスマン & ジュー(Igudesman &]



ラフマニノフの手が大きかったかどうかはわかりませんが
イグデスマン & ジュー(Igudesman & Joo) のピアノの方

リチャード・ヒャン・キ・ジュー(Richard Hyung-Ki Joo)さんの手は
確かに小さいようです

でも、小さいのは
「手だけ」
だそうです(´・ω・`)ゴリッパ



ちなみにこの方
イギリス生まれのイギリス育ちですが
両親とも韓国人

奥様は日本人です

▼ジャケ写なしですが彼らのDVDです ↓

2006年10月13日、ウィーン ムジークフェラインでのライブ
nice!(2) 

杉ちゃん & 鉄平 - 剣の舞+ずいずいずっころばし [杉ちゃん & 鉄平]



やれやれ

お見事!

というしかないですな(´・ω・`)ブラボー

ピアノ&ヴァイオリンによる冗談音楽デュオ
「杉ちゃん & 鉄平」

A.I.ハチャトゥリアン の「剣の舞」と
「ずいずいずっころばし」のミックスです

まさに

クラシックを遊ぶ冗談音楽実験室

というかんじデスネー(´・ω・`) ソウ カイテアッタ モンデ・・・


nice!(1) 

ヴィクター・ボーグ(Victor Borge) - チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番 [ヴィクター・ボーグ(Victor Borge)]



ピアノ界のチャップリン
ヴィクター・ボーグ(Victor Borge)さん

おなじみの相方(いまのところお名前わかりません)と
2台のピアノでP.I.チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番のパロディーです

勝手にキーを下げていくボーグさんに
必死でついていく相方さん

しまいには
「ちゃんとついて来てくれよ!」
とオチを付けています

ボーグさんのネタ
どれもこれも
わたし大好きなんですけれど

前フリが長いんですよね(´・ω・`)

もっとイッパイ
聴きたいんだけどなあ

ピアノのほうを



nice!(0) 

ピアノ de 冗談音楽 - フリッケン・ブラザーズ(Furikken Brothers) [フリッケン・ブラザーズ(Furikken Bro]



どうも

おげれつでスミマセン(´・ω・`)ゴメンネー


でもこーゆーの

大好きです(´・ω・`)エヘ


nice!(0) 

オーケストラ de 冗談音楽 - プラハ交響楽団(Symfonický orchestr hl. m. Prahy FOK) [プラハ交響楽団(Symfonický orche]



ホフナング音楽祭

イギリスの漫画家
ジェラード・ホフナング(1925-1959)が創設した冗談音楽の祭典

紹介する動画は
1992年にこれがチェコのプラハで行われた際の
ステージの1つです

プラハ交響楽団
指揮;パヴェル・ヴォンドルーシュカ
ピアノ;パヴォル・コヴァーチ

メイドに扮したホフナング未亡人の「タンホイザー」に続き
パヴェル・ヴォンドルーシュカとパヴォル・コヴァーチが演奏するのですが
ピアノ協奏曲の名曲をまぜこぜにしたかたち

チャイコフスキーとグリーグが混ざり
ラフマニノフが加わりと
聴いているほうも大変です

古典的なネタが主ですが
冗談好きのイギリス人ならではのイベントですね




nice!(0) 

オーケストラ de 冗談音楽 - ルーヴル宮音楽隊(Les Musiciens du Louvre) [ルーヴル宮音楽隊(Les Musiciens d]



マルク・ミンコフスキ(Marc Minkowski)指揮
ルーヴル宮音楽隊(Les Musiciens du Louvre)による
F.J.ハイドン「交響曲第94番ト長調 Hob.I:94」より第2楽章です

いわゆる
「びっくり交響曲」

バカバカしくも
ほのぼの笑えるので聴いてみてください

なお、この交響曲の別名「驚愕」の由来ですが
ppからいきなり大音量のG-Majorの和音に「びっくり」する
というのが主に言われておりますが

緩徐楽章にトランペットを使うという
当時としては常識はずれのオーケストレーションに
「びっくり」したという説もあるそうです

▼これに入っている「びっくり交響曲」はマジでびっくりするそうです↓

nice!(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。